フレッツwi-fiが繋がらない場合

フレッツwi-fiが繋がらない場合には、いったんすべての装置の電源を消して最初から接続し直してみると良いでしょう。それをしても接続できない時には設定をもういちど見直してみます。顧客サービスに電話してみれば親切に説明してくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。

一番大変な引越しの準備の作業はダンボールに家中の物を詰めていく作業だと言えます。

日々生活していると気がつくことはないですが、荷物を整理していくとこれほど家の中に物があったんだと仰天します。それでも、引越し準備と一緒に整理も出来る絶好の機会です。
引越しだけに限らず、仕事をこなすことができる人は、段取りというものがうまいと言われます。引越しをしようとする場合、何を先に積むかとかどれをどのあたりに、収納するか等、意外にも頭を使う作業です。

そのため、引越し業者のスムーズな作業に感心した経験のある人も多いのではないかと思います。
プロバイダの速さに関してですが、ほとんどの人はインターネットを使った閲覧、データをダウンロードしたりといったことでとりわけ使用が多いと思うので、下り速度というもののほうが重要だと思われます。

インターネットでHPの閲覧をするくらいならば、そこまでのスピードの速さがなくても問題なく使っていくことが出来ます。

有名な引越し業者は、いっぱいあります。

有名な運送会社として日本通運なんかが中でもとくに有名だと思います。日本通運は、略して日通ともいいますよね。日通は引越しを行うだけでなく、古美術品の輸送に関してもけっこう有名で、業界シェアナンバーワンの会社です。なんとなくですが引越し荷物も丁寧に扱ってもらえそうですね。wimaxには様々なタイプのブロバイダがあり、更にその中でも初期費用が完全に無料のもの、そのうえ端末代金が完全に無料のプロバイダもいくつかあります。

回線にはプロバイダによる速度差がないので、出費をなるべく抑えたい方は可能なかぎりお得なプロバイダを探すと希望が叶うかもしれません。私は去年、単身赴任の引越しをさせていただきました。会社員になって初めての単身の引越しでした。会社の規則で複数社から見積書をもらい、最も安い業者を選択するのですが、赤帽が最安値となりました。
当初は不安を感じていたものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次の引越しでも赤帽に頼みたいと思いました。

大変な大掃除、それは引越しの時です。まず、家の中のものを運び出してから、家中を綺麗にするのはもちろんですが、少しずつでも、前もって始めていくのが最終的に楽になります。

コツは荷造りの前に、掃除からスタートすることだと思います。それによって、最終的にはさっと軽くきれいにするだけになります。毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけとは限りません。近所との関係も住環境を構成しています。

円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶を早急に済ませましょう。
必ず、何か手土産を持って挨拶回りをした方が良いです。
挨拶に時間をかける必要はないですが、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。
第一印象を良くすることが肝心です。

急なダイエットを始めるとお腹がすいて我慢できずに挫折してしまったことはありませんか?そんな中、人気なのが酵素ダイエットです。
食事制限をしても空腹を和らげてくれるから。

豊富な栄養素が摂れる酵素ドリンクがオススメです。

含まれている栄養素によって飢餓感を感じにくくなるのです。炭酸や豆乳、お湯と混ぜることで合計摂取量を増やすことで、さらに空腹感が和らぎます。

都内から埼玉へ引っ越しをした時、予定時間が十分でなかったため、荷物をまとめるのが精一杯でした。

転居予定日は決まっているのに、荷物がまとまりません。
終わらなかったらどうしようかと不安でたまりませんでした。結果、友人に三千円で、一肌脱いでもらいました。

引越しのアートは、CMで見て認知していました。

イメージキャラクターがドラえもんだったので、子供の希望を叶えたいこともあり引越しのアートに決めました。
引っ越しのトラックにはどらえもんが書いてあって、子供にとっても楽しい引越しができました、料金やサービスもとても良く、引越しのアートに頼んだことはほんとによかったです。

引っ越し料金は、荷物の種類や量の他に運ぶところの場所などが影響して違ってきて、時間帯や日取りによっても、かなり違ってきます。
引越する場合の条件にしたがって違ってくるので、本当の費用においては大きく変動することがあります。転居する際、荷物を運ぶ自動車を停めたり、荷物を通路に仮置きしたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが世間の常識です。車の出し入れや通行の障害となりますので、前もって同意を得ておくと後々のトラブルも防止できます。

引越し会社に依頼した時は、そのような事も代行してくれます。引越しにつきものなのが粗大ゴミ整理です。引越しの時に処分するのは大変なことですから、早期に大きな粗大ゴミは捨てていったほうがよいと思います。
洗濯機を配送してくれる

引っ越しを決めたのに伴い、エアコン

引っ越しを決めたのに伴い、エアコンを処分しなくてはならなくなりました。

普通の賃貸ですと、エアコンが装備されてます。

自分が住んでいる場所は、古い寮のため、エアコンは自分で付けることになっていました。

今頃になって寮じゃなく、賃貸の方にすればよかったと、今頃後悔しています。キャッシングを使用している中で多重の債務に陥る危険性を回避するには、まずはきちんと返す段取を考えてそれを遂行することが大切ですが、もう一つ必要なのはある融資の返済がなくなっていないのに新たにキャッシングをしないということなのです。
キャッシングには、最近、審査基準というものが非常に厳しくなって、定期収入がなければ借りられないとのイメージがわきます。無職だったり専業主婦だったりと働いていないケースではお金を借りることは出来ません。
ただし、大手の業者以外の中小業者の貸金なら、働くことの出来ない生活保護世帯でもキャッシングができることがあります。
どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。
買うことや譲ってもらうこともできますが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料でもらえるケースが増えています。一言言えばもらえるはずのものを早まって買ってしまったということにならないよう、契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前にしっかり調べておきたいものです。最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えてきております。
そのような事態を鑑みて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を定かにいたしました。近いうちに引越しを行うことになりました。

住所の変更などに伴い、どうも車庫証明を取り直さなければならないらしいです。実家に住んでいた時には、こういった手続きは全て父がやっていました。それなのに、父自身は大変だなとか、面倒だなとか一回も言ったことはないように思います。

やはり父は偉大なんですね。先日、土日を使って引っ越しました。

新居に入った日、入り口の電気をつけたときに「これからはここが自分の家だ」とジーンときました。こんなこともめったにないので普段ならぜいたく品の宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しのお祝いをしました。

新居での生活も楽しみいっぱいです。

引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つが引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。結構見落とされることが多く、これで引っ越し完了と思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、という悲劇は後を絶ちません。人の移動が多いときには数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早めにしておくのが鉄則です。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。
それから転入先の市区町村の役所の窓口で、転入届を出して転入手続きをします。

当たり前のこととして、転出届を持って行かないと転入届の提出もできないことにくれぐれも注意してください。

これを忘れると他の手続きも進まなくなるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。

軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。

ちょっとした荷造りでも、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。
荷物移動の際には、言うまでもなく荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。
ここで注意してほしいのは、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を用意しなければなりません。

手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。
私は引っ越しをしたのを機に、持っていた不用品を買取りをしていただきました。

着なくなった服や家具など、たくさんありました。

業者の人に家に来てもらって、全部まとめて査定をしてもらったのです。

すると、思いもよらない査定額になったのでした。不用品が、なんとお金になったのです。かなりありがたかったです。

沢山スタッフがいる業者、料金が安く抑えられている会社の料金費用をパソコンを使って便利に比較検討ができる時代です。

引っ越す人の状況にあった運ぶ人をみつけることができます。
とにかく頼むのが良いでしょう。
出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に完了できるでしょう。段ボールの準備から家具の梱包や搬送まですべての引っ越し作業に関してお手伝いしてくれます。
冷蔵庫の送料が安いところ

冷蔵庫をすぐ出せるように準備し

冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、思わぬ騒ぎになったという話もあります。
前日までに、冷蔵庫については入っているものを出し、コンセントを抜き、そのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備は完璧です。ですから、庫内のものは前日までに食べきれるようにして、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。気付かずに脱税してしまう恐れもありますし、不動産物件を売ったら確定申告が欠かせません。

実際、それまで所有していた物件を売って利益が得られたら、普段はしていなかったとしても、その年は確定申告をして、譲渡所得税を納めないと脱税になってしまうでしょう。

一方、売却によって損失が出た時にもむしろ損をしたときこそ、確定申告しておけば、あとでトクをすることもあるといいます。
どちらにしても不動産物件を売却したら、確定申告をしておけば間違いありません。引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。

そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくといいかというのは人によりますが、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておきその上で、何かと困ることのないように、引っ越し当日の一週間程前に使えるようにしておくことができれば、安心です。

物件探しについてなのですが、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。
その不動産屋さんの人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。違う不動産屋さんも行ってみる気はあったのですが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できるということを教えてもらいましたから、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。

ですから、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるならよく知られた大手業者を選んだ方が良いようです。

あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。

世間でよく知られている大手、ということは、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。
社員教育もしっかりしている場合が多いですし、良い引っ越しにしてくれることでしょう。

。クレジットカードに付いているキャッシング枠をうまく使用すれば大変好都合です。クレジットカードを受け取ったことでキャッシング枠分に対する審査は済んでいますので、キャッシング枠の利用限度額を超過しない限り、現金自動預け払い機などから容易にキャッシングを利用することが可能です。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。

ちょっとした荷造りでも、やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの可能性が高くなります。
そして、荷物を運ぶときには指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。軍手を用意するときに注意しておきましょう。手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。

この頃ではもう、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという習慣が、一昔前からありました。

由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですという、願いが込められていますし、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきを等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。

引越しすることが決まって、住民票の移動は早めに、行おうと思っていました。

まず、私が転出届の手続を行って、主人が引っ越しのその当日に、転入届を転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しを行いました。他にも引越しのときにはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れてしまわないように表に書き出して、計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

なんらかのサービスをしてもらった時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに労りや感謝の気持ちにかえて、お金を包むとか、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしてもやはりとても嬉しいもののようです。

引越しをするとなると大変なのが掃除です。まず、家の中のものを運び出してから、隅々まで掃除するのはもちろんですが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのがその後が楽です。

ポイントは荷造りより先に、家の掃除を始めることだと思います。

そうすると、最後の仕上げにさっと軽く掃除すれば仕上がります。アパートやマンション、賃貸のお部屋から引っ越していく際、部屋を出る前にきちんと掃除をしておきましょう。

別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは言えはしませんが、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに良い影響があるかもしれません。最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか修理が難しいほどの破損などは、変に隠したりせず、あまり触らないでおきます。
張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。

友人が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。

とても好印象の営業スタッフがやって来て、しっかり相談にのってくれたのです。

想像したより安い値段で見積もってくれたので、その日のうちに即決しました。

多重債務者の強い味方になる債務整理で

多重債務者の強い味方になる債務整理ですが、デメリットも抱えています。

よく言われるのが、ブラックになってしまうという点でしょう。
平たく言えば、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

この期間についてですが、選択した債務整理の方法によって制限が解除されるまでの期間が最短でも5年間から10年間と変わってきます。一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには方法の選択肢があります。希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。状況が人によりけりなので方法もどれを選ぶべきか変わってきます。自ら手続きを行う人もいますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。
債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、どうしても時間がかかるものです。これから任意整理をすると仮定しても、法務事務所や法律事務所などに依頼し、債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、だいたい3か月くらいはかかるもので、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。こうした処理を行っている最中は、取立てはもちろん債権者から債務者へ連絡することすら禁じられています。

しかし、訴訟を起こしてくる債権者もいます。

債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。
まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認すると安心でしょう。でも、料金についてはよく確認しておかないと、手付金にかかるお金は少なくても、それ以外の費用が高くついてしまうところもあるのです。

実際に利用した人の感想や口コミをネットで確認してから弁護士事務所を見繕い、無料相談で直接話せる機会を作り、弁護士のことを信頼できると思えば、債務整理をお願いしてください。
債務整理は専業で主婦をしている方でも用いることができます。
言わずもがな、誰にも内緒で措置をうけることもできるのですが、金額が大きい場合には家族と話し合ってみた方がいいです。
専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士の力によって解決の糸筋がつかめます。
個人再生をしても、不認可となってしまうケースが存在します。個人再生をする場合には、返済計画案を出す必要がありますが、これが裁判所で通らないと認めてもらえません。当たり前ですが、認可されないと、個人再生は望めません。
一般に債務整理をしたところで国内外の旅行や転居に際して何か変わることはありません。新規にパスポートを取得するにも不都合となることはありません。ですが、その例から漏れるケースが1つだけあります。

と言うのは、自己破産の申立をしているただ中だけは、絶えず裁判所に対して自分の居場所を届けておくことが求められ、裁判所に無断で転居や旅行を行うことは出来ません。
裁判所で免責が認められた後ならばその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

個人再生には何通りかの不都合があります。

最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に払うお金が上回ったという事もあります。

また、このやり方は手続きが長い期間となるため、減額が適用されるまでにかなりの時間がかかることが多いのです。

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金は依頼する弁護士や司法書士によって変わります。
もし、任意整理を依頼した場合、債権者の数ごとに基本料金が設定されていて、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。
どれだけの債務額があろうと基本料金は固定のケースが多いため、大した減額が期待できない相手に対しても任意整理の幅を広げてしまうと、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。
お金なんて返さなかったらって友人に吹き込まれたけれど、それは無理だと考えて債務整理する事を決めました。

債務をきちんとすれば借金は減りますし、どうにか返済していけると考えたためです。お蔭で日々生活していくのが楽ちんになりました。債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。一方、元金も減らしてもらいたい時は、非常に大変です。交渉力の優れた弁護士や司法書士が担当についていれば減額の可能性もなくはないものの、元金の減額を受け入れた場合、債権者にとって損になるのは間違いないので、普通は首を縦には振らないでしょう。借金返済の目途が立たなくなってしまい、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。
踏み倒すつもりはないけれど、結果的にお金が足りず延滞してしまうというのは、多くの人が経験しています。
弁護士事務所などに相談して、これ以上の返済は難しいとなれば、現実的に債務整理を行うしかありません。繰り返される電話やハガキなど、取り立ては厳しくなる一方ですし、債務者の精神衛生上よくありませんので、追い詰められる前に行動するようにしてください。本人が債務整理を行うことは難しいため、弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしてください。

タダというわけにはいかないので、そのお金を工面することができないと考える人も少なくありません。このような方に知って頂きたいのですが、債務整理の依頼料などは無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。依頼をしたらすぐに支払わなければいけない、というわけではないので、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。

いかなる債務整理の場合も手続きを開始した時点で、貸主からの督促や連絡行為は完全になくなります。ただし、自己破産や個人再生のように裁判所を介して行うものは対象が全債権者となりますが、こと任意整理となると話は別で、一部の債権者を対象に手続きを行うことが一般的です。
全部を対象とすれば別ですが、そうでなければ督促や連絡等は止めることができませんから、注意が必要です。

認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ案件として債務整理を引き受けることはできません。

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、借入先1件ごとの債務額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。それ以外にも、自己破産や個人再生では弁護士は代理人になれますが、司法書士は代理人として赴くことは不可能ですので、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

少し前、債務整理のうち自己破産とい

少し前、債務整理のうち自己破産という方法を選択し、無事に処理を終えました。
いつも感じていた返済できない、さらに遅くなったらどうなるんだという不安から自由となり、心がとても楽になりました。

こんなことなら、ずっと前に債務整理をすればよかったです。
任意整理は、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。
この期間中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済することができます。

この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、自分で行動するより、担当の弁護士などから行ってもらう方が適切だと言えます。
個人再生とは借金整理の一種で借りた金額を減らしてその後の返済を容易にするという代物です。これをやる事によってかなりの人の暮らしが多少なりとも楽になるという実例があります。

昔、私もこの債務整理をしたことにより救われたのです。家族に隠して債務整理をしようとするとどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。
任意整理の場合には手続きを全部自分でしようと思わない限りは家族に悟られるという可能性は極めて低いです。

しかしながら、個人再生や自己破産の場合は、 その手続きの際に世帯収入や資産を公開する必要があるため、そのうちばれてしまう可能性が高いです。勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず秘密にしておく事ができます。

債務整理の中でも自己破産や個人再生は対象がすべての債権者となりますが、裁判所を通さない任意整理の場合は借入先一社ごとに手続きをします。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。
普通は減額効果の高い債権者を選んで行われるものです。借金があまりない金融機関まで対象にしてしまうと、手続きしてくれた司法書士や弁護士に払わなければならない報酬のほうが高くつく場合もあります。債務整理をするにあたっては、返済が完了している借金について債権者に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。あらかじめこの返還請求をする場合は当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類が求められます。取引履歴を点検することで、適正な利息を算定することができるので、過剰な利息の支払い分を返してもらうことができます。もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックでなくなるわけではありません。審査の時には名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせて信用情報を調べるのです。
一般的に名寄せと言われる方法ですね。なので、苗字が変わった程度ではブラック状態は続くと思っておいてください。

債務の返済が滞り、金融機関等から訴訟を起こされてからでも、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。
そこで一般的に行われるのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。また減額交渉が成立すれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。払いきれない利息を整理できますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットがあることを忘れてはいけません。

そして、誰もが気になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。
実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。

信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすればぜったい職場にばれると思う人が多いようですが、実際にはそのようなことはありえません。

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、手続き後も自分から話さなければ同僚や上司などに知られることはないはずです。

しかし公務員だと、共済会などからローンを借りていて債務が残っている場合には、知られてしまう可能性が高いでしょう。任意整理や個人再生の手続きを踏むには安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。もともと生活保護費というのは一般の収入とは区別されており、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、支給停止という例も過去にありました。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけというわけです。債務整理という言葉に馴染みのない方も多くいると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金に苦しんでいる人が、借金を整理する方法を全てまとめて債務整理と言います。

なので、債務整理の意味は借金整理法の総称という事になります。

たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、本当に債務整理の手続きを進めるためには、まずは着手金を用意しなければいけません。

とくに金額に決まりはありませんので、法務(法律)事務所によってまちまちです。
債務整理でも個人再生と自己破産を行う際は、先に成功報酬の金額が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で変わってきます。
住宅ローンや車のローンが残っているうちに自己破産の手続きをせざるをえない状況になると、それらのローンは解約され、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために任意売却するか、競売にかけられることになるでしょう。しかし、それ以外の債務整理の場合、住宅ローンなどの契約は保全され、減額されないという違いがあります。そのかわり、売却して返済に充当する必要もなく、強制されることもありません。

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。

ですが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

さらに、貸金業とは別のため総量規制が適用されない銀行への借金などで、いつしか借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合もよくあることです。